注目を集めているnlpとは|自身のスキルを高める

ソーシャルワーカーになる

大学生

多様な受験資格

社会福祉士は高齢者や障がい者、生活困窮者などから相談を受け、行政との橋渡しや支援を行なう仕事です。社会の高齢化や格差の拡大に伴い、新潟でも社会福祉士の果たす役割は年々重要になっています。社会福祉士は名称独占資格であり、国家試験の合格者だけが名乗ることができます。ただし資格がなくても、介護施設や福祉事務所などで業務を行なうことは可能です。新潟で国家試験の受験資格を得るには、非常に多くの方法があります。福祉系の4年制大学で指定科目を履修すれば、実務経験がなくても受験資格が得られます。2〜3年制の福祉系短大を卒業した場合は、各々2〜1年の実務経験が必要です。これらの方法は、高校卒業から最短距離で社会福祉士を目指すのに適しており、新潟にも社会福祉学科を備えた4年制大学があります。一般の4年制大学を卒業した方、短大を卒業し実務を経験した方は、一般養成施設に1年以上通うことで受験資格を取得できます。福祉系の基礎科目を履修していれば、短期養成施設に6か月以上通うだけでも資格が得られます。新潟には一般養成施設や短期養成施設に指定された専門学校もあり、社会人から社会福祉士を目指す方に人気があります。このほか学歴に関係なく学べる通信制大学を利用するという方法もあります。以上のように社会福祉士になる方法は学歴や経験によって大きく異なるので、将来のライフプランに合わせて学校や養成施設を選ぶことが大切です。