注目を集めているnlpとは|自身のスキルを高める

料理が学べるハイスクール

スイーツ

幅広い料理が課題に

製菓コースがある高校では、独自のカリキュラムの元に1年間の学習を進めていきます。例えば高校のカリキュラムでは、菓子やドリンク、一般の料理などが製菓コースの課題となっています。菓子に関しては、西洋のスイーツがカリキュラムの中心です。焼き菓子や冷たいデザート作りのプロセスを、基礎から学べます。製菓コースが高校では、菓子とは別にパンの製法も習得します。定番のパンの作り方が学べるカリキュラムで、お菓子作りに留まらない幅広い調理の知識や技術が身に付く製菓のコースです。ドリンクメニューもカリキュラムの中に含まれており、実社会ですぐに役立つような内容と言えます。和洋の食事メニューも、学習する課題の一つです。学内には充実した実習室が設けられており、学生達が相応の技術を養える環境です。ショップをイメージした実習施設もありますので、現場の雰囲気がいち早く分かります。高校のカリキュラムを通じて、実社会での準備が出来るのが特長です。カリキュラムをこなすことで、準備が出来る資格も幾つかあります。フード系の専門資格を始め、接遇に関する資格も取得目標の一つです。3年間の学習を経て、製菓のコースでしか得られないメリットが享受出来ます。最終的には一般の高校と同じ卒業資格が得られるため、時間を有効に活用出来るのも魅力です。通常の高校生活が送れる通学スタイル以外に、インターネットを利用した自宅での学習スタイルも選べます。